Top >  英語表現のお話

英語表現のお話

完璧な英語を話そうと思ったことはありませんが、通じる表現、状況に適した表現を心がけてきました。 「言葉は文化」ですから、様々な表現の違いを勉強してみるのは楽しみの一つです。 手段が目的化している、といわれるかもしれませんが、言語そのものに興味を持つことは大切だと思います。

英語表現のお話一覧

バスがハイジャックされた、は間違いではないです

今朝は新聞一面にも、TVニュースにも、バスジャックという言葉が躍ってました。 X...

続きを読む

福留は「偶然」?

この記事面白かったです。 偶然と、きっとくる! ではエライ違いではないですか。 ...

続きを読む

プレゼンテーター??

・・・という英語はないのですが、ときどき使う人がいます。 おそらく、コメンテータ...

続きを読む

Heads Up

「頭を上げる」という意味ですから、イメージとしては下を向いて何か書いている、ある...

続きを読む

実にご丁寧な・・・・

都内の地下鉄に乗っていると、一部の路線でドアの内側に、こういうステッカーが貼って...

続きを読む

Something like that.....

「そんな類(たぐい)のもの」「そんな感じのもの」と直訳できます。 これ発音してみ...

続きを読む

FUCK YOU..... あるいは、FUCKING something

この言葉、「ファ」にアクセントを置いて発音してみると、結構気持ちの良い単語であっ...

続きを読む

really?

ホント? って意味なんですが・・・ これを連発するのはよくない、とネイティブに言...

続きを読む

you know, you know, you know

これを会話のハシバシに挟んで話す人がいますが、度が過ぎると明らかにネイティブから...

続きを読む

Excuse me

Thank you と並んで、日常一番頻繁に使うと言ってもいいフレーズです。 こ...

続きを読む

< 前のカテゴリ「こんなことを勉強します」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「英語の勉強方法」へ >