Top >  英語の勉強方法 >  TOEFL と TOEIC

TOEFL と TOEIC

海外留学を志す人にとって避けて通れないのが、TOEFL(トフル)です。

社会人の方はTOEIC(トーイック)の方が英語力を測る試験として馴染みがあると思いますので、イザ留学準備となってTOEFLスコアが必要になると少々焦ったりします。

TOEFLとTOEICのスコア換算は「TOEICスコア×0.348+296=TOEFL-PBTスコア」というガイドラインがあり、換算表も様々な形で公表されていますが、重要なのはTOEICのスコアを持っていっても入学願書の必要書類にはなりえないということです。

大学院の留学には入学願書、大学の卒業証明、成績証明、TOEFLスコア、論文(入学志望動機などについて記述したもの)、等々が必要になります。

この際のTOEFLスコアは、いくらTOEICスコアで良いものを持っていても入学必要書類として受け付けてもらえないんですね。

TOEFLは英語圏以外の国の学生が学生生活をおくるために必要な英語力を試すものですから、例えばヒアリングも図書館、授業中、などのシチュエーションがとりあげられます。 また筆記試験科目があるのも苦労するところです。

TOEICスコアである程度良いスコアを持っている人も、留学を考えているなら、一度はTOEFLを受験してみて試験対策を考えておくことをお勧めします。

TOEICもTOEFLも試験ですから、高スコアを獲得するための分析や対策が可能です。 逆になんとかなるだろう、無手勝流でやってもなかなかスコアは上げられません。

慎重、かつ計画的にTOEFL対策に臨みましょう。

TOEFLスコアアップの秘訣はこちらへ

TOEIC の学習なら、最近はこんな方法もあります。便利ですねぇ。
⇒ TOEIC受験専門の動画コンテンツ『ハイスコア・チャンネル』




dummy
dummy
dummy

 <  前の記事 電話会議  |  トップページ  |  次の記事 really?  >