Top >  英語の勉強方法 >  最強の英語教材

最強の英語教材

なんと大袈裟なタイトルと思われるかもしれませんが。

確かに独断と偏見に満ちていますけど、狭い狭い自分だけの経験としても言わせてもらえれば、自分の英語力を一段上げてくれた勉強法は間違いなく「ボキャビル(語彙力向上)」です。

たくさん単語を覚えたということです。

target="_blank" >アルクの「ボキャビルマラソン」です。

退屈させない⇒継続できる⇒記憶の定着効果 が巧みにカリキュラムに組み入れられていて、とにかく継続(走り込み)が苦にならないように考えられています。


驚異の定着率!「竹蓋Vメソッド」で英単語3,000を習得 。「ボキャビルマラソンMUST」

英単語3000語というのは、基本的な単語も含まれているので、「それで十分?」と思われるかもしれませんが、先ずは十分です。

開始する対象レベルとしてTOEIC 350点~となっていますが、僕がボキャビルマラソンを始めた当時のスコアは480点あたり。

まんざら英語が出来ない部類ではないなぁ。 でも伸び悩んでいるなぁ。 というレベルでした。

ボキャビル強化後にTOEICは600点突破しています。 一番英語力が伸びたなぁ、と実感じた時期でもありました。

GMAT対策や、論文を書くことが要求されるレベルでは5000~6000以上の単語習得が必要だ、なんて話を聞いたことがありますが、それはそれで別に考えればよいと思います。

基礎体力が出来てから考えればよい話ですね。 ボキャビルマラソンには上級コースもありますから、同じ学習方法を適用しながらレベルアップを図ることもできます。

投資のし甲斐がある英語教材だと思います。

アルクの「ボキャビルマラソン」 6ヶ月で身に付く、実戦的な3000語




dummy
dummy
dummy

数多くの単語を学ぶということは、同じ意味でも使い方が異なる単語も数多く習得するということに繋がります。

で、自動詞、他動詞の違いなどもわかってきて、文法の勉強にもつながります。

イディオム(慣用句)も一緒に勉強します。

ボキャブルってのはスポーツで言えば「基礎体力作り」みたいなものでしょうか。

「走り込み」みたいな ・・・・ それが出来上がると、あとが凄く楽になってきます。

ヒアリング、リーディングの向上にも間違いなく効果がありました。


ヒアリングもリーディングも確かに大切です。 取り組まなくちゃいけません。

でも、聞き取れたとしても、読めたとしても、その単語な何を意味するのか正しく理解していなければ、焦燥感はよりつのるものです。 いっそ、聞けなかったり、読めなかったりする方がいいくらいに・・・。


それほど大切な勉強だと思いますが、基礎体力作り、走り込み、等に例えられるとすれば、ボキャビルと共通するのは「退屈さ」です。

「学習の継続」は語学習得全般に大切だと思いますが、「退屈」という大敵はボキャビルの学習に一番先にやってくると思います。

いろいろ教材はありますが、僕が使ったのは

 <  前の記事 実にご丁寧な・・・・  |  トップページ  |  次の記事 学業に専念するために  >