Top >  英語表現のお話 >  Heads Up

Heads Up

「頭を上げる」という意味ですから、イメージとしては下を向いて何か書いている、あるいはPCの画面に向かって仕事をしている人の頭をこちらに向けてもらうという感じ。

すなわち、「ちょっと、お知らせしておきますね」とか「念のため連絡しますね」という意味です。

This is just a heads up for you. とか、Just for your head up. とかで始まるメールを散見しますが、
これは正規の報告では無いけど、関係者に知らせておいた方がよい⇒お知らせ、連絡、という軽い感じです。

正規の報告ってのは、「次のアクション。いつまでに、誰が・・」なんて内容が含まれている少々重いケースがあるのですが、for your head up の内容は、とりあえず知っておいてというレベルです。

例えば、「現在のプロジェクトXXについて、次のミーティングで担当者から詳細報告があるので、具体的な質問がある方はその場と利用するといいですよ。 現状報告は添付の通り。」

あるいは、Reminder (備忘録)的に、例えば「次回の定例ミーティングでは、来年のプランのドラフトを各部門で発表することになっていたはずだから、お忘れなく。」

なんて感じで使ってます。

それから、カジュアルは表現なので、あまりお偉い方々には使わない方が無難です。
これはそれぞれの会社のカルチャーにもよりますけどね。

 <  前の記事 学業に専念するために  |  トップページ  |  次の記事 機能しないメール  >